久しぶりのダムめぐり 前回は紅葉シーズン真っ只中の11月だったかな? 4ヶ月ぶりです。 今回は当面の目標である荒川水系の制覇の第2弾として奥秩父へ出発

国道140号をひたすら西へ 途中に通る有料道路の脇には前回見学した玉淀ダムがありますが微妙に見えません・・・ ちなみにこの有料道路、長瀞を通らなくてすむので渋滞対策になります が、6.8kmに対して通行料金410円 なんとも中途半端です ETCもカードも使えないので小銭を握り締めましょうw 料金所のおっさんも600円と590円を握り締めて待ち構えているらしく 受け取ったお釣りは心なしか温かかったですw

140号をひた走り秩父の中心部をぬけしばらく進むと左側に浦山ダムが見え始めます 驚いたことに近頃では道にダムへの看板がありました ダムもメジャーになったもんです

 

さぁ 浦山ダムまでもう少し この時すでに テンションは上がりまくってます!!

浦山ダム 重力式コンクリートダム
荒川水系-浦山川 秩父さくら湖

堤高 : 156.0m
堤長 : 372.0m
堤体積 : 1,750,000m3

総貯水量 ; 58,000,000m3
有効貯水量 : 56,000,000m3    

着工-完成年 : 1972-1998年

今回の1基目は浦山ダム
相模川の宮ヶ瀬ダムと貯水量に大差があるもののダム自体はほぼ同スペック 周辺施設の充実ぶりも互角です、これなら女の子とのデートで訪れても不満は出ないでしょう・・・ 責任は持てませんがw そういえば、私の友人の女性で以前ダムに携わる仕事をしていた子がいるんですが、私が熱くダムについて語ってもついてきていました。 こういった女性なら不満は出ないでしょう   うーん、やっぱ無理かな?? 知識があるのと好き嫌いは別物ですしね
”うららぴあ”と名づけられた建物ではトイレはもちろん食事も出来るしお土産も買えます、そして資料館では模型やパネルで詳しくダムを紹介していました。 そして今回のダムめぐりでついに手に入れた”ダムカード” 知ってる人は知っている、知らない人は知って欲しい ダムで配布されている写真と共にスペックなどが記されたカードなのです。 ガンダムのカードダス以来、20年ぶりぐらいにカード収集を始めることになりましたw 収集癖の強い私にとっていつかはコンプリートしたいカードです

堤頂部はこんな感じ ちなみに猛烈に風が吹いています
盗み聞きしたわけではないのですが、ここですれ違ったカップルの会話で ♀「ダムってなんのためにあるの?」 ♂『観光じゃねぇの?』

私[…そんな訳ねぇだろ!ダムってのはね洪水対策、水の確保、発電なんかの為にあるんですよ 莫大な時間と費用を費やし、水没地域の住民の理解や協力、場合によっては工事関係者が命を落とす事だってありえる そんな思いまでして観光地作るわけねぇだろうがぁぁ!! ディズニーランドの方がよっぽど安くあがるわ(たぶんw)!!]

もちろん口には出せません、心の叫びです 妄想の中で説教しときました。

冗談ぽくなってしまいましたが、ダムには慰霊碑があることがあります そして人間のみならず動植物の生活ごと湖底へ沈んでしまったことも事実です。 そういった背景を認識しつつダムを巡ると一味違うものがあります

下流側はこんな感じ ダムの中心から見下ろすのは基本ですね ダムの規模に対して減勢工が小さい気もしますがこれでいいんでしょうね。 奥の方に見えるのが140号線だと思われます。

上の写真で減勢工の脇に見える駐車場まで一般開放されているエレベータで下りてみます。 1階と地下1階の間隔は132m 結構時間がかかり、かなり耳が痛くなります

降り立ったダム内部は これまた強烈な湿度
通路内は写真などが並べられているので浦山ダムに来た際は通った方がいいですよ 火曜日が資料館と共にエレベータも運休だそうです。

”秩父さくら湖”の名の通り、周辺には桜が植えられています
いやぁ残念でした・・・ ギリギリ咲いてません もう少しで咲きそうなんですけどね
再び少し離れた位置から眺めてみる やはり大型ダムは距離感を無視した迫力がありますね

滝沢ダム 重力式コンクリートダム
荒川水系-中津川 奥秩父もみじ

堤高 : 140.0m
堤長 : 424.0m
堤体積 : 1,800,000m3

総貯水量 ; 63,000,000m3
有効貯水量 : 58,000,000m3

着工-完成年 : 1969-2007年

2007年完成予定だった滝沢ダム 現在、試験湛水中なのかな? ダムサイトはどこも工事中で車が停められず、ループ橋の途中にある駐車場に車を入れ徒歩で探索です ずーっと未定だったダム湖の名前が決定したらしく”奥秩父もみじ湖” さっきの浦山が”秩父さくら湖” で、確か”西秩父もも湖”ってのもあったはずです なんか女性の名前みたいだな サクラコ・・・ 客室乗務員姿の松嶋菜々子をイメージしちゃいます。
ほぼ満水、もう1mも入らないんじゃないかな? と、思ったら4月1日に試験放水があるようです
きっとダムマニアたちが集まるんだろうなぁ ただ放水を見学できる場所がループ橋しかないので危ないかもしれませんね
それまでに駐車場の工事終わるかな?

ループ橋から写真を撮っているのですが、トラックが通るたびに揺れます まぁ橋は揺れることで減衰しているらしいので仕方がないのですが 時折「ビシッ!!」とか「バシッ!!」など不思議な音が聞こえます 怖いですねぇ

ループ橋の手前にダムへの入り口らしき場所があったので減勢工脇まで入れるようになるのかもしれません なんにせよ試験放水が見れる人が羨ましい


二瀬ダム 重力式アーチダム
荒川水系-荒川 秩父湖

堤高 : 95,0m
堤長 : 288,5m
堤体積 : 356,000m3

総貯水量 ; 26,900,000m3
有効貯水量 : 21,800,000m3

着工-完成年 : 1952-1961年

滝沢ダムのすぐ隣、尾根を挟んで反対側にあるのが二瀬ダム 形式は自重ではなく、その形状で水圧に耐えるアーチ 映画ホワイトアウトに登場した黒部ダムでもお馴染みの形状ですね 堤体積が小さく工事期間が短いのも特徴です。
ゲートが丸見え状態の水位 山の中は日が暮れるのが早いようで暗くなりはじめました
ゲートを越えた水はなぜか斜めにねじれ上がったジャンプ台に向います このねじれも理由があるんだろうなぁ
右の写真の白い建物は管理事務所 ちょっと狭そうでした
展望施設から眺めるとアーチ形状がよくわかります。 やはりアーチはいいですね 美しい!
滑らかな曲線は男が求める美学かもしれません

さて帰り道、自宅までの道順をナビで確認すると・・・ 到着まで3時間弱 さすが奥秩父 遠いです
途中道の駅でおみやげ買って299号を快走して帰りました そういや299でスカイラインを”くの字”にしたヤツがいたなw

今回のダムめぐりのポイントは残し方、合角ダムも近くにあるのですが、あえて次回に残しました。
あと2回で埼玉制覇の予定 しかし滝沢ダムにはもう一度行くかもしれません そうなると・・・ 3回か?


TOPDRIVE │荒川水系ダムめぐり2

inserted by FC2 system